企画の向こう側にお客様の笑顔が見える

綾部 公子(あやべ きみこ)

入社4年目。主に商品企画、通販などの販売企画を社長直下で担当。老舗松前屋に新しい風を注ぎ込む。

松前屋に入社したきっかけを教えてください。

元々、大学では法学部で法律の勉強をしていました。将来は「社労士になれたらいいかな?」と考えていました。ただ社会を知る上では、いろいろな経験をした方が良いと考え、就職活動をしようと思いました。そこでインターネットで探し、松前屋を知り、説明会に参加したのがきっかけです。

(松前屋の)面接を受けて見ようと思った理由は何でしょう?

まず、「歴史がある」「老舗」というところに興味を持ちました。長く続けているということは、お客様からの信頼があるということだと思いましたし。あと、(松前屋のお客として)店に行って試食をさせてもらった時に、その商品が非常においしかったのも理由の1つです。元々、料理をするのが好きで食べるのも好きでしたから。

面接を受けてみて、いかがでしたか?

説明会で実際、松前屋で働いている先輩に会えたのですが、本当に楽しそうなのが印象的でした。イキイキしていました。その後の面接を受けても、その良い印象が変わらなかったので、本当だなあと確信して入社しました。

今の仕事内容を教えてください。

商品企画、通販などの販売企画に携わる全てです。新商品のことで意見を求められたり、パッケージのヘッダー(商品のキャッチコピーなど)やデザインを考えたり、通販でのお客様とのコミュニケーションとなるダイレクトメールを企画したり、店舗ディスプレイのポップや商品の見せ方などを考えたり、幅広く仕事をしています。

やりがいのあるお仕事ですね。

いろんなことを任せてもらってきているので本当にやりがいがありますね。実は入社前にもこんなエピソードがありました。就職活動中は「販売スタッフ」をイメージしていましたが、入社1日前に、商品開発の会議に参加するよう、社長に言われて。会議というと、大勢でやるイメージがあったのですが社長、工場長、部長、中村顧問と私という、私以外のメンバーは経営幹部ばかりの会議で。

そこで中村先生が煮炊きし、商品をつくっていくのを記録するという経験をさせてもらいました。商品開発という会社の根幹ですしそのような重要で幹部だけの会議に、私が参加させてもらえたのは驚きでした。老舗、伝統があるのに、若くてもいろいろなチャンスがもらえるのだと感じました。

今までやった仕事で特に印象が残っていることはありますか?

元々、催事用の商品であった「わかめ煮」を一般商品化させた時のことですが、先に販売されていた「ほっこり竹の子煮」の副題の「ほっこり」がお客様から好評だったということがあったので、何か副題が必要だという話になりました。意見を求められた時に「ぷりぷり」って可愛らしく、どうかな?と思って提案したら採用されて「ぷりぷりわかめ煮」という名前に決まりました。大事な商品名に自分のアイデアが採用されたと嬉しく思いました。

今後やっていきたいことはありますか?

「食べ方の提案」は大事だと思っています。私は関東の出身で、あまり昆布を食べるという習慣がありませんでした。また、当社商品で言えば「松ヶ枝」は食べ方の想像がつきやすいですが、「とこわか」のような四角張った昆布はどうやって食べるの?というのが正直なところでした。だから、こうやって食べるとおいしいよ! という 提案をもっとしていきたいです。

また、商品開発にもっと携わっていきたいと思います。先に話をしたような昆布を身近に感じていらっしゃらないお客様が手に取りやすい商品を企画する。そういったこともどんどん提案していきたいですね。

私は、店頭に立って直接接客をしているわけではありませんが、開発、企画、デザインを通じてお客様とコミュニケーションしていると思っています。これからも今の仕事を通じてお客様のため、松前屋のためになれたらなあと思っています。

このページのトップへ


Copyright(C) MATUMAEYA All rights reserved.