2010年01月15日(金)

水塩でご飯をもっと美味しく [「昆布の水塩」の使い方]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

<ご飯を炊くときに>

 

毎日の食卓に欠かせない『ご飯』を『昆布の水塩』でワンランクアップさせましょう。

 

いつものようにお米をといで水を入れて、炊く準備ができたら、

『昆布の水塩(海)』をシュッシュと2プッシュ。

キレのある美味しいご飯に早変わり!

 

★お米は含んでいるデンプンによって甘さを感じます。

しかし、実は甘みだけでは美味しく感じられないのです。

お米のデンプンにミネラル分が入ることで触媒となり、味にキレが出て『美味しい』と感じます。だから、「昆布の水塩」を入れればキレのある美味しいご飯になるのです。

 

 

 


画像(180x147)・拡大画像(640x523)

<おむすびに>

おむすびを作る時に塩の代わりに『昆布の水塩(海)』をつけて握ってみてください。

昆布や椎茸、海老、ほたて、かつおのうま味で、いつものおむすびより少ない塩分量で美味しくなります。

作った後のおむすびに吹きかけてお好みの塩加減にもできます。

 

 

 

 


画像(180x152)・拡大画像(639x542)

<レタスチャーハン>

 

【材料】

・ご飯・・・200g

・レタス・・・1枚

・卵・・・1個

・昆布の水塩(森≒15%)

・胡椒、サラダ油…適量

・松ヶ枝、金ゴマ・・・適量

・仕上げ用のレタス・・・1枚

 

【作り方】

@レタスは1枚を残し、もう一枚を適当な大きさに切る。

A中華鍋に油を入れ、温まったら、溶いた卵を入れて素早く炒め混ぜる。ご飯を入れて手早く炒め、さらに切ったレタスを入れて『昆布の水塩(森)』を3プッシュ程振りかけ、胡椒をいれて軽く炒める。

B器にレタスを敷き、Aを盛り付け、松ヶ枝・金ゴマをちらして出来あがり。

 

 


※途中で味をみていただき、薄いようでしたら水塩を追加で吹きかけてください。

画像(230x320)・拡大画像(460x639)

Posted   パーマリンク

2010年01月14日(木)

温野菜とみじん椎茸ディップ [「昆布の水塩」の使い方]

画像(313x320)・拡大画像(626x639)

旬のいろいろなお野菜をたっぷりヘルシーに食べられる『蒸し野菜』。

こんな時こそ『昆布の水塩』!

昆布のうま味野菜の味を引き出してより美味しくなります。

季節ごとの旬のお野菜でぜひお試しください。

 

【作り方】

@お好みのお野菜を蒸し器に入れて蒸す。

A全体に昆布の水塩(海≒17%)を吹きつける。

Bみじん椎茸ディップや梅肉ソースなどお好みのディップにつけて召し上がってください。

 

※タジン鍋を使うときは先に昆布の水塩を吹きかけても◎

 

 

 

 

<バーニャカウダ風 みじん椎茸ディップ>

 

【材料】

・みじん椎茸

・マヨネーズ

・オリーブオイル

 

【作り方】

材料を混ぜ合わせる。(量はお好みで。オリーブオイルはたっぷり入れる)

しばらくすると分離してオイルが浮いてきます。オイルが浮いてきてみじん椎茸が柔らかくなったら出来あがり!

スティックサラダや蒸し野菜、お肉をつけてお召し上がりください。

画像(320x273)・拡大画像(640x546)

Posted   パーマリンク

2010年01月13日(水)

キャベツが美味い!水塩でお好み焼き [「昆布の水塩」の使い方]

画像(180x143)・拡大画像(495x395)

お好み焼きに必ず・しかもタップリ入っている具・・・ってキャベツですよね。

でもソースの味に負けて存在感はあまりない・・・。これはもったいない!

 

今回は、昆布の水塩を使った、キャベツがしっかり美味しい『お好み焼き』の作り方をご紹介します。

 

 

 

 

【材料】

・豚バラ肉・・・2枚

・キャベツ・・・80g

・お好み焼きの粉・・・半カップ

・水・・・50cc

・卵・・・1個

・長芋・・・2センチ分すりおろし

・昆布の水塩(森≒15%)

・サラダ油・・・適量

・お好み焼きソース・・・適量

・マヨネーズ、青のり、かつお節・・・適量(お好みで)

 

 

【作り方】

@キャベツは粗くザク切りにして『昆布の水塩』をシュッシュと吹きかけ、混ぜ合わせておく。

Aボールにお好み焼き粉と卵、水、すりおろした山芋を入れ良く混ぜ合わせておく。焼く直前にキャベツを加え、混ぜ合わせる。

Bフライパンにサラダ油を入れ、熱し、Aの生地を流しいれその上に豚バラ肉を乗せて焼く。裏面に焼き色がついたらひっくり返し、両面を焼く。

C器に盛り、ソースを塗って、お好みでマヨネーズ・青のり・かつお節をかけて出来上がり。

 

 

 

 

 


★ポイント★

『昆布の水塩』に入っている昆布のうま味素材の味を引き出してくれます。

今回はキャベツのうま味・甘みが引き出されているのでソース少なめでも美味しいお好み焼きに。

だからキャベツは大きめにザクっときってください。

画像(256x272)

Posted   パーマリンク

水塩でお肉料理 2 [「昆布の水塩」の使い方]

生臭さをとり、素材のうま味を引き出す『昆布の水塩』は肉との相性も抜群。

特に豚肉や鶏肉とのなじみがよく、一層美味しくなります

いつもの『とんかつ』の下味に『昆布の水塩(海)』を使って、

ワンランクアップさせましょう。

 

 

 

画像(320x251)・拡大画像(640x503)

<味わい とんかつ>

 

【材料】

・豚ロース肉・・・200g

・昆布の水塩(海≒17%)

・胡椒・・・少々

・揚げ油・・・適量

・とんかつソース・・・適量

(ころも)

・小麦粉、生パン粉・・・適量

・卵・・・1個

(付け合わせ)

・千切りキャベツ・・・適量

・レモンのくし切り・・・1個

 

 


【作り方】

@豚肉はスジを切り、軽くたたいて肉の厚みをならし、両面に『昆布の水塩(海)』をまんべんなく振りかける。胡椒も両面にかけておく。

A揚げる前に肉の形を整え、小麦粉を全体に薄くまぶす。『昆布の水塩(海)』で軽く味付けをした溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶし、10分くらいおいて衣をなじませておく。

B170度の油で揚げる。

C器にソースを敷き、食べやすい大きさに切ったとんかつを盛り付け、千切りキャベツとレモンを添えて出来あがり。

 

 

画像(320x245)・拡大画像(640x490)

Posted   パーマリンク

2010年01月12日(火)

水塩でお肉料理 1 [「昆布の水塩」の使い方]

画像(180x169)・拡大画像(640x602)

生臭さをとり、素材のうま味を引き出す『昆布の水塩』は肉との相性も抜群。

特に豚肉や鶏肉とのなじみがよく、一層美味しくなります。

そこで、今回は昆布の水塩と豚のフィレ肉を使ったお料理をご紹介します。

 

 

 

 

<豚フィレ肉の黒胡椒衣焼き>

 

 

 

【材料】

・豚フィレ肉・・・適量

・黒胡椒・・・適量

・昆布の水塩(森≒15%)

・ケチャップ、オリーブオイル

 

 

 


【作り方】

@豚肉フィレは2センチ幅に筒切りにし、『昆布の水塩(森)』を両面にまんべんなく吹き付け、黒胡椒も軽くしておく。

Aフライパンにオリーブオイルを入れて熱する。もう一度@の表面に『昆布の水塩(森)』を吹き付けてから両面を焼き、火を通す。

Bケチャップを敷いた器に盛り付け、オリーブオイルをかけて出来あがり。

 

 

 

画像(320x223)・拡大画像(639x447)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

このページのトップへ

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0
powered by a-blog

Copyright(C) MATUMAEYA All rights reserved.